心理を使うと何が出来るの?vol.1

彼といつまでも仲良く、ずっと一緒にいたいと願っているのに、ついつい「嫌味」を言ってしまう私。

今日こそは、楽しい雰囲気のままいられるように気をつけよう!と思っていた矢先、彼がまた出来もしないようなことを口にしたの。それにイラッとしてしまって・・・


「あなたって、いつもそうだよね。調子いいことばっかり言って。だから信頼されないんだよ。」

という言葉が!!!


自分の口を呪っても、もう遅い。。。


彼の表情が、見る見る曇ってる。


『あ~、またやっちゃった・・・』

この後の嫌な空気を想像すると、私は、気分が一気に重たくなっていくのを感じた。


**********************************


このエピソードの女性の気持ちが分かる!!

そんな方も多いかもしれませんね。

嫌な会話のパターンが分かっているのに、気付くとそのパターンにはまってる・・・という状態です。


何故、この女性は彼に嫌味を言ってしまうのでしょう。

心では、ずっと仲良く付き合いたいと願っているにも関わらずです。


心理を使うと、この謎が解き明かされていきます。


少しだけ心の中を解説すると、

彼女も、付き合っている彼にも「嫌な気持ちを感じたい」という気持ちが隠れているんです!


「そんなはずは無い!!」

と、心の中で叫ばれた方もいらっしゃるでしょうね。


カギは、心が2層構造になっている、という所にあります。


心は、自分で気が付いている領域と、自分では気が付かないものが詰まっている領域(これを無意識といいます)があります。その割合は、無意識が圧倒的に大きいのです。


心理は、無意識にアクセスするための道具なのです。

道具を使うと、エピソードの女性の心が、深いところで求めているものが分かります。

だからカウンセラーは、パターンから抜け出す方法を提示できるという訳なのです。


VOL.2へつづく

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Micha Leisinger (水曜日, 01 2月 2017 23:43)


    I was able to find good advice from your blog posts.