心理を使うと何が出来るの?vol.2

仕事のプロジェクトリーダーになって、責任を持って取り組んでいたのに、

最後の最後で、確認ミス!!!

ちょっと気を抜いてしまったのか、詰めの甘さが出てしまった・・・。


実は私には、子供の頃から最後の詰めが甘くなってしまう癖がある。

進めている最中は、人一倍細かいところまでチェックして、慎重にすすめていく。


それなのに!


ゴールが見えると安心してしまうのか、うっかりミスや、抜け落ちが出てきてしまう。

しかも、大事な場面でそれが多い気がする。。。


これは、昇給や昇進に少なからず影響しているように思う。

直したいけど、直らない!どうしたらいいんだろう?


**********************************


この方のエピソードのように、自分の人生を振り返ると同じようなことをくり返している人がいます。


例えば、


・幸せの後に不幸が来るような気がしていて、いつもやっぱり幸せが続かない。

・楽しいイベントの前になると体調を崩し、結局楽しめない。

・みんなが自分を裏切っていく。

・もう少しで成功するところまでくると、不安になって、結局あきらめてしまう。


などなど。

あなたにも、繰り返している人生のパターンがあるかもしれません。


いったい何故???


前回のコラムでご紹介した「無意識」に大きなカギがあります。


多くの人が(ほとんどみんなと言ってもよいでしょう)心の中に、勝手に「脚本」を書いているのです。

例えば、「私の人生は成功してはいけない」というように。

そして、その「脚本」に沿って、まるで俳優のように、その「役」を演じてしまう、ということなのです。


自分の人生を、その時々で切り開いていると信じていたのに!

脚本に踊らされている?!

そんなバカな・・・

そもそも、そんなのいつ書いたんだ!!

きっと、こんな罵倒が心の中にひびき渡っていることでしょう。


残念なことに書いたのは自分自身です。ただ、幼少期なので、気付いていない人ばかりなのです。

そこで、カウンセラーの登場です。

心理を使って、どんな脚本を書いてしまっているのか、解き明かしていくわけなのです。


VOL.3へつづく


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Tam Struck (木曜日, 02 2月 2017 00:59)


    Thanks for every other informative web site. Where else may just I am getting that type of information written in such an ideal way? I've a project that I'm simply now working on, and I have been at the look out for such info.