心理を使うと何が出来るの?vol.3

私は会社のことで悩んでいます。

私の所属する部署は、本当に居心地が悪いんです!!

みんながイガミあっていて、お互いがお互いの足を引っ張り合っていて。。。

本当にバカバカしい。


「オレの方が凄いんだぞ」的な態度をとり、

人を馬鹿にしたような上から目線で他人と接する社員たち。

自分たちの態度が、周りの人に対して、失礼な態度になっていることにも全く気が付かないんです。


上司は、この自信過剰メンバーのパワーに完全に飲まれ、うちのチームはバラバラ。

最近では、上司も馬鹿にされちゃってるし・・・


あ~、早くこんな部署から異動したいんです!!


**********************************


この方のエピソードに出てくる“社員たち”のように、常に物事を「勝ち負け」で考え、人に「優劣」を付けたがるタイプは以外と多くいらっしゃいます。


そのタイプの人が集団でいたら!!!


きっと、あちこちで権力争いが勃発しているでしょうね。


「自分が正しくて、相手は間違っている」という姿勢、生き方のことを、

『自己肯定・他者否定』の構え

といいます。


ただ、「無意識」の中まで覗いてみると・・・

この構えの人の「自己肯定」は、本物の自己肯定ではないのです!!!


・・・ショックを受けている方もいるかもしれませんね。


無意識の部分に「自己否定」が強くあって、それを覆い隠すように「自己肯定しているような態度」をとっている、ということなのです。


だから、こういうタイプの人は、

「自分はこれで間違っていないはず!」ということを確認したくなります。

そのために、自分が上だと証明しようとしたり、

相手を自分の思うように動かそう!変えよう!!としてしまうのです。


多くの場合、その試みは失敗し、相手とギクシャクします。


「過去と他人は変えられない」

という鉄則どおり、人からコントロールされることを人間は嫌うからです。


「弱い犬ほどよく吠える」ということわざが、正にこのことを表現しています。

昔の日本人は、「心理」とか「カウンセリング」という概念が無くとも、人の心が良く分かっていたのですね。


VOL.4へつづく


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Jenise Linsley (金曜日, 03 2月 2017 07:20)


    It's very straightforward to find out any matter on web as compared to books, as I found this article at this website.